650615.jpg

津軽三味線の教室の選び方

津軽三味線教室も色々あります。

一番いいのは演奏を聞いてこの人につきたい!と押しかけるくらいの情熱があればいいですが、

殆どの人は

「ちょっと体験してみたい」

「なんとなく弾いてみたい」

だと思います。

というわけで津軽三味線教室歴20年、

数々の音楽教室で津軽三味線講師を歴任した私が

津軽三味線教室の選び方を語ってみたいと思います。 

津軽三味線教室の選び方には二種類あると思います。

1.料金体系
2.講師との相性

通常の津軽三味線教室

・入会金有り
・月謝制
・固定曜日の固定時間に通う
・高い楽器を購入しなければならない

というのが今まで一般的でした。


入会金10000円→0円と謳っている教室もありますが、

本来は二重価格表示といい、不当表示に該当する恐れがあります。

当教室(新宿津軽三味線教室)は

入会金無料!!
と最初から表示しております。


月謝制に関しては、

お稽古を休んでもお金がかかる

ということです。

 

当教室(新宿津軽三味線教室)は創業以来、

予約キャンセル料無料

その都度払い

を貫いています。

振替が出来る教室もありますが、

講師の都合もあり、勿論他の生徒さんがいる時は

振替ができませんので、完全に希望通りとはいきません。

月謝が安いと謳っている教室は入会金があることが多く、

注意が必要ですが、

当教室は創業以来

一般の生徒さんからは入会金、会費は取っておりません

(名取、級保持者のみ会費有)。

四谷教室
clilck.gif

高い楽器を購入しなければならない
→当教室は津軽三味線業界で4社しかない高品質、低価格で有名な、TOAMUSICの正式代理店です。

また楽器無料プレゼントを謳う教室は(代表も講師経験有り)

2万円の保証金と、

2年継続が条件になり、

月謝も14000円程度と非常に高額です。(実質分割払いです)


ここからが大事なのですが、
講師との相性

津軽三味線大会で入賞経験多数でも

教えるのが得意とは限りません。

教えるというのは

生徒さんのモチベーションを維持させることを含めた

カウンセリング的な意味合いがあります。

新宿津軽三味線教室は、

津軽三味線世界大会二連覇という演奏の実力もあり、

全員 津軽三味線最大流派、津軽三味線三味線小山流の名取、師範であり、

まさに「教えるプロ」です。

他教室に行って

「うちと合わないなら来なくていい」
と言われたという話や、
「演歌をやりたいとメールで問い合わせたらメールがプッツリととだえた」

 

酷いところになると、

音楽教室の中には条件が悪く、

津軽三味線の講師が集まらないのでギターの講師に急造で津軽三味線を習わせ、

それで教えているところもあります。

津軽三味線の講師には演奏技術もさることながら

「サービス精神」

が大事になってきます。

 

当新宿津軽三味線教室の講師は

 

「優しく、楽しく、怒らない」

 

ことをモットーに日々教えております。


津軽三味線教室の中には

楽譜を用いず口伝で教えて教えているところもありますが、

当教室は不可能と言われた

津軽三味線の楽譜化を成し遂げた小山流所属。

そして当教室はいままでタブーと言われていた

吉田兄弟や上妻宏光、有名奏者の曲や、ボカロ 千本桜、アニメソングなどの楽譜を

業界ではじめて出版した小山貢山が代表


敷居が高いイメージがあった津軽三味線ですが、

当教室は忘年会、発表会、新年会、月1の練習会、モチベーション維持に費用もリーズナブルな段級位試験、サブスクもあり、

 

続かないか心配、、という人にも最適です。

ピンポイントで習いたいという人のために、
・通わず一回で津軽三味線が弾けるシリーズ
・一回だけの飛び込み稽古

も歓迎です。


月謝制では絶対できないことです。


生徒さん目線の津軽三味線教室

clilck.gif
clilck.gif