650615.jpg

津軽三味線Wiki

1. 名称

津軽三味線

呼称について

つがるしゃみせん

つがるじゃみせん

二通り読みがあるが、

一般的には「つがるじゃみせん」と発音されることが多い。国語辞書においても「つがるじゃみせん」と登録されているが、

津軽三味線奏者においては「つがるしゃみせん」と発音するものも多い。

津軽三味線歴史研究の第一人者、大條和雄氏によると「つがるじゃみせん」が国語的に正しいとのことであるが、

これは津軽三味線は

三味線の一種類であるという感覚と、

単に地元では「三味線」と呼ぶため、

英語でTsugaru Jamisen と表記するより

Tsugaru Shamisen と表記するのがより

Shamisenの一種であると分かりやすい

等の理由がある。


ちなみに金木にある津軽三味線会館では

つがる・しゃみせんかいかん

と発音している。